スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大のディープな日本史(再読) アナウンサーが読む小説日本史

 古代で、律令制(中央集権制)が一時的にせよ、本当に成立していたとすれば驚きである。
 都まで各自が特産物や糸や絹等を持って行く必要があるなど、強制的にそうさせた支配の源は?
 豪族的な力の支配、蝦夷や隼人らへの異民族支配のようなものだったのだろうか。

 ごちゃごちゃな明治以降は、ようやく概観はつかめてきた。

 「アナウンサーが読む 詳説日本史」は高校(maybe最高峰)教科書に朗読CDがついている。
 これが14時間半!
 最初は目で本文を追いながら聞いていたが、かえって注意が散漫になるので、音だけを聞いた。
 正直なところ、これがかなりの苦痛であった。
 読んでも面白くない。聞くだけだとさらにつらい。
 
 資料があるにせよ、基本は言葉。
 テレビで歴史を紹介する映像になじんでいるせいか、言葉だけで歴史を伝える(理解する)のは特殊なことではないかと考えてしまった。
 リピートする計画も合ったが、少なくとも当分はパス。
 自分にはまだ中学教科書くらいがよかったのかもしれない。
 
 120010_s161.jpg 
スポンサーサイト

マッドマックス

 殆どがアクション。
 途中で人が死にそうになったりと、うまく感情を揺さぶるように作っている。
 主人公は、家族を失ったことへのトラウマがあるようだが、暗示で済ませてすっきりした流れに。


 敵の造形が面白かった。 ☆★

96時間 レクイエム

元妻を殺されての復讐劇。
 その悲しみや首謀者が誰かといった推理的な要素、アクションなどしっかりしたプロット。
 が、見終わったときにはには少々、薄っぺらさを感じてしまった。
 身内の死の悲しみが、復讐を遂げてのハッピーエンドの材料に使われたような印象をもってしまったので。


「素敵」の法則

 顔の形や印象、体型に関するいくつかの質問で「ノーブルフェミニン」や「キャリアクラシック」などとタイプを分けて、それに合ったファッションを提案しているのが特色であった。
 女性向けの本なので、男の自分は対象にされていないが、どのタイプになるのか確認してみた。
 が、どちらとも判断しがたい質問があったので、どのタイプになるのか不明。
 
 内容は分かりやす、すっと受け入れられる。
 (中年)女性向けの内容で、この種の初心者向け。
 
51yXJ7ETl-L__SX348_BO1,204,203,200_

1週間でわかる図解日本史  読むだけですっきりわかる日本史  

 日本史全体を脳内に構築しようと、続けて読んでいる。
 「1週間でわかる」は本棚をあさぐって見つけたもの。
 30~40ページを1日分で、1週間で読み終える体裁。だいたいその通りに読んだ。
 「天下統一をめざした織田信長が強かった理由は?」
 「日露戦争に勝利したあと 日本はどうした?」などと見開きで質問に答えている。
 「図解」とあるが、大きな流れの解説より細かく説明している印象が強い(特に明治以降の内閣交代)。
 
 「読むだけですっきり分かる」は、レビューで分かりやすいと高評価だったので読んでみた。
 「~ているよ」「~なんだよ」「~かもしれないね」という文末表現はどうかと思ったが(そのうち慣れて、表現も普通になっていく)、確かに分かりやすかった。
 足利義満を「スゴイ男」としたり、昭和の軍部独裁の説明のところで筆者の思想性も垣間見られ、全体として好印象であった。

   images91R1OJU2.jpg

〈10月のまとめ〉
本は日本史もの3冊で、映画は4作。
まだまだ日本史全体のイメージ構築はできていないので、今後も日本史通読は続ける予定。
病犬の世話等のためにできなかった旅行を数年ぶりにしたのが、10月最大のマイ行事。
今後は別のことに時間をかけるつもりなので、読破数や鑑賞数は減りそうだが、それなりに楽しみたい。
プロフィール

Gplan2008

Author:Gplan2008
備忘録で始めたこのブログですが、せっかくなので映画には星をつけることにしました。
☆☆☆すばらしい!
☆☆ 面白い!
☆  見て損はない
☆なしもけっこうあり。
これまでの☆☆☆
「バットマン ダークナイト」
「バベル」「第9地区」
☆☆★(2.5)
「ワールド・オブ・ライズ」
「キングダム」
「ビューティフル・マインド」
「悪魔の手毬唄」「八つ墓村」
「犬神家の一族」
「ダークナイト ライジング」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。